fc2ブログ

ピーク

きのうは津でも積雪があり この1週間が
冬のピークだったんじゃないかと思う、
これからは暖かくなっていくだけ!と思いたい


zaDSC04945.jpg

zaDSC04171.jpg

zaP1140851b.jpg

zaP1160194.jpg

zaP1140757b.jpg

zaP1140759.jpg

zaP1140910.jpg

zaP1140912.jpg
スポンサーサイト



テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

加工取付け

最近は便利な代行業者さんなどがあるので、
個人輸入 ってのが超簡単。

国内には出回っていない部品が手に入る、

そして特に 中華の無メーカー品 は
とんでもない安価で手に入ったりします

なので そんな持ち込みパーツの
取付けが増えてきている。。


しかし取り付けには基本、加工が必要。


一流メーカー品の 2倍以上の加工作業、
2倍以上の取り付け時間、取り付け費用
が必要になったりするのは普通。。

そんな感じで
今まで加工取り付けした例としては、
FRPエアロやマフラー、エキマニなど。

しかし、、
今回はマフラーとディフューザー
という 2点 の組み合わせ。

一流メーカー品の組み合わせなら、
塗装をのぞいた組付けは普通 
半日くらいで終わる。

しかし今回のは、
1週間~ コースの加工が必要。。





zaP1150312b.jpg

zaP1160163b.jpg

zaP1160164.jpg

zaP1160206.jpg

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

2022

本年も よろしくお願いいたします。

zaDSC04225.jpg

zaDSC04241.jpg

zaDSC04247.jpg

zaDSC04390.jpg

zaDSC04504.jpg

zaDSC04666.jpg

zaDSC04688.jpg

zaDSC04710.jpg

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

F56 ダウンパイプ2

右が取り外した純正ダウンパイプw/キャタ

そして左が今回取付ける、ダウンパイプw/oキャタ
メーカー不明の持ち込み部品。

zaP1130450.jpg

ぱっと見くらべただけで分かる、
これ付かないんじゃ?? な部分が2点。

でも加工して付けるしかないので、、
というかこの手の無メーカー品はほぼ、
加工前提での取り付けとなります

まず明らかに長すぎる出口側パイプ部分をカット。

zaP1130451.jpg

そしてキャタ部の取付けステー、
形状が全く違いネジ穴も2→1となるけれど、、
ここは工夫と調整で取り付けできそう。

しかしジャバラ部分は短く硬いので
純正のようにするりとしなやかに曲がって
車体とエンジンの間にINできない。
ここは車両側遮熱板を加工しスペースを確保、

これにてダウンパイプ本体が車両に付いた。


最後の難関、、というか地味で一番厄介な
キャタ遮熱板の加工。

2つのO2センサーの取付け位置・向きが変わり、
さらにキャタ後のセンサーには
付属のアダプターも取付ける。


zaP1130477.jpg

zaP1130470.jpg

zaP1130472.jpg

zaP1130476.jpg

zaP1130488.jpg

zaP1130485.jpg

zaP1130486.jpg

このくらいかな?
とカットしては取り付け、を繰り返し
現物合わせでクリアランスを確保して
無事取り付け完了。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

F56 ダウンパイプ1

F56 JCW さん

社外ダウンパイプを持ち込みにて交換。

ターボエンジンの、タービン直後にある
キャタを含む部分のパイプ。

高温・高圧の排気ガスが流れるこの部分は
抜けをよくするとタービンの回りがよくなり、、
パワーアップにつながる。

しかし簡単には交換できない部分、
そしてさらに今回は無メーカー品なので・・・

zaP1130411b.jpg

zaP1130495.jpg

zaP1130478b.jpg

とにかく邪魔になる部品を外していき
ここまで分解。

zaP1130426.jpg

最後に触媒の遮熱板を外せば
本体が見えてきます。

ここから、純正キャタダウンパイプの
取り外しは特に問題なし。
まあ当然なんだけど。

zaP1130435.jpg

zaP1130431.jpg

zaP1130442.jpg

空っぽになった状態。


テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

R53 パワーUP

無事エキマニ交換が完了したR53ミニさん。

他にも同時にパワーアップ!

zaP1130943.jpg

スーパーチャージャーエンジンの
定番パワーアップアイテム、
小径プーリー。

今回はALTAの15%小径タイプ。

zaP1130940.jpg
クランクプーリーの回転によりベルトで
駆動されるスーパーチャージャー。
そのドリブンプーリー径を小さくすることで
スーパーチャージャーを速く回転させる。

ちなみにクランクプーリーを
径の大きいものに交換しても
スーパーチャージャー回転は速くなるが、
オルタネーターやウォーターポンプなど
同時に全ての補器類の回転も速くなり、
エンジン・ベルト・各補器類と
全体的に負担が大きくなるので
クランクプーリー径は標準がおすすめ。




エキマニ、プーリーといった
ハード面が完了したら、
仕様に合った燃料と点火。

27モータースポーツの
エンジンECUチューニングで仕上げ!

zaP1130933.jpg



加速をお楽しみください~
zaP1130953b.jpg

zaP1130955b.jpg

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

R53 エキマニ2

全く合わないキャタパイプさん、
まずはココでカット。

zaP1130764.jpg

切ったフランジ側をマフラー側に合わせると、、
これだけずれいてる。
O2センサー位置も悪く、遮熱板とのクリアランス無し
zaP1130774.jpg


次にここでカット。
zaP1130777.jpg
完全に切り落とさずに切り込みを入れ、
角度のみを調整。


1発目でなかなかいい位置に持ってこれた
これでO2センサーのクリアランスも確保。
zaP1130780.jpg

もう1箇所修正後、輪切りパイプを入れて~
zaP1130792.jpg

zaP1130793.jpg

完成。
zzaDSC02382.jpg

zzaDSC02386.jpg

zaP1130878.jpg

zzaDSC02392b.jpg
これにて走れるようになりました♪

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

R53 エキマニ1

R53 ミニクーパーSさん

持ち込みにて社外無メーカーエキマニ取り付け


純正エキマニ・O2センサーなどを外して、、
社外エキマニを取付け!

ポンと完了しました~ なわけはなく。。
zaP1130753.jpg

まずヘッド側をボルト固定するときに、、
あれ?あれ??と思ったら
付属のガスケットさん、
zaP1130704.jpg
まさかのボルト穴が1個足りないw
どういう品質管理。。


そしてヘッド側に付く遮熱板は要加工、
取付けができるように大きくカットする。
zaP1130755.jpg


最後はやっぱりこれ、
予想はしていたけど お前もか… な感じ
zaP1130757.jpg

zaP1130759.jpg
センターパイプ側のフランジと
位置・角度、全く合わない。 取付不可

このくらいボルト締めこめばいいんじゃ?
と思うかもしれないけど、、
リア側は結構位置が固定されるので動けず、
社外エキマニ側はジャバラの動き小さいので
こちらもほぼ動けず。
締めこんで引っ張り合わせるのは不可能

なので加工するしかない
というかもともと、加工前提での
取り付けになると考えてたので問題なし!

しかし幸いなのは、、
このキャタパイプ部分のみを脱着できること。



テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

A4 車高調

アウディ A4さんに
車高調サスキットを取り付け。

zP1400506.jpg

今回取付けするのはBC車高調。
zP1400497.jpg

zP1400500.jpg

ショック・スプリング別体のリア。
スプリングアジャスターには、、
zP1400503.jpg

「ハイ・ロー キット 」
旧ミニ好きとしてはなつかしい響き!
(本国仕様の漢字は難しすぎて読めんw)


zP1400504b.jpg

このフロントサスはなかなか特殊。
zP1400507.jpg

ストラットアッパーマウントと、、
アッパーアームベースが一体型。

まとめてごっそり出てきた。。
zP1400509.jpg

zP1400516.jpg

zP1400518.jpg

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

F30 リアサス





F30系、3シリーズさん。

zaP1130926b.jpg

純正スプリングのままなのに、
F30系のリアショックでは、、
こういう状況をよく見かける。
zaP1130921.jpg

zaP1130925.jpg

このクルマのバンプラバー、
右リアは完全に無くなってて、
左リアは崩れ落ちたが少し残ってる。

純正車高なのにこうなっちゃう、
特に過走行な走行距離でもなく。
ちょっとどうなの? 



これは新品。
zaP1130930.jpg
この新品を見て原因を考えるなら、
・バンプラバーが長すぎる ?
・バンプラバーの素材が良くない ?
・そもそもショックのケース長がNGのため
 ストロークが足りていない ?
 
また、
・バンプラバーでダストカバーを
 吊り下げているから脱落すると余計ひどく見える


バンプラバーを新品に交換すればいいんだけど、
結局またそのうち同じ状況になるので、、
→消耗品として考える しかない??






以下は似た車種の~純正&各社外品。

各社各キットでダンパーのケース長、
ロッド長、バンプラバーの長さなど様々。

単純なイメージとしては、、
ロッド長が長い=ストロークが大きい
ケース長が短い=車高を下げていっても底突きしにくい
zaP1130233.jpg

s-sP1130997.jpg

s-sP1140334.jpg

zaP1460981.jpg

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

検索
リンク
QRコード
QR