FC2ブログ

R50 CVT

R50 NAミニさんのミッション。

CVTなミッション分解は初めて!

無段変速 ってやつです

zP1310041.jpg

zP1310046.jpg

zP1310047.jpg

zP1310050.jpg

デファレンシャルさん
zP1310059.jpg

湿式多板クラッチさん
zP1310061.jpg

オイルポンプさん
zP1310080.jpg

バルブボディさん
zP1310086.jpg

出た、変速機構!
zP1310091.jpg

このシフトフォークみたいなので、
プーリーをスライドさせる
zP1310094.jpg



そしてついに
CVTミッションの心臓部!
zP1310065.jpg

zP1310068.jpg




金属ベルト&プーリーさん。
コレの実物初めて見た~!

zP1310266.jpg





たまたま横に、スクーターのエンジン
zP1310279.jpg

zP1310284.jpg

ベルト&プーリー、
基本的には同じような仕組み。




スポンサーサイト



テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

とろけるキャタ

触媒に問題のあったメルセデスさん。
触媒損傷?

カットしてみた。

このキャタさんは、
中央部分に空間があり、
そこにセンサーが刺さってる。
センサー部屋?



そんな中央空間部分で輪切り。

zDSC02280.jpg
FF横置きターボ、
前方排気用レイアウト。

zDSC02282.jpg










  
 
 


zDSC02287.jpg

zDSC02292.jpg

zDSC02293.jpg
おーまいがー...



これがミスファイアによる、、
未燃焼ガスが流れ込んで
キャタ損傷ってやつ?

その時、エンジンで、キャタで
何が起こっていたのか??
当時の状況は不明。。



ちなみに
キャタ損傷 って画像検索すると
キャタピラーの写真ばかり出てくる(笑



テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

減速機構

最近どんどん増えている、
電動サイドブレーキ。

おおまかに2種類、
ディスクインドラムなタイプ

キャリパー一体なタイプ。

ドラムなほうは、
従来のワイヤー引きを
サイドレバーの代わりに
アクチュエータを取り付け
電動化したシステム、

キャリパー一体は
専用のリアキャリパーに、
左右それぞれモーターが付いてる。
こちらの方がシンプルなので、
最近多いイメージだけど、、
社外ブレーキシステムに変更したい
ってときに困るやつです。


で今回は BMW F10 5シリーズさん

キャリパー一体タイプの
電動サイドブレーキが壊れた。。

原因は~内部での断線。

今回は運悪く、サイドブレーキが
片側、 ”効いたまま” 壊れたので
そのまま走行できない状態

zP1330186.jpg

zP1330188.jpg

やはり非分解なので
接着樹脂ケースを破壊して分解。
zP1330190.jpg

お~ ベルトドライブなんだ
zP1330193.jpg
しかし 小さなモーターで
サイドブレーキを十分効かせるには
かなりのトルクが必要。。

ベルトで大丈夫なのか?
これでトルクかけれるの?
とか思いながらバラしていくと


ベルトのドリブンプーリーを外したら、
奥に小さいギアさんたちが
zP1330197.jpg

さらにそのギアボックスをばらすと、
こんなにたくさんギアが出てきた
zP1330199.jpg

ATミッションの中などにも使われてる、
プラネタリーギアが2組!

モーター回転をベルトで減速し、
次に
3ギアのプラネタリーギアで減速、
最後に
4ギアのプラネタリーギアで減速。

コンパクトに3段階で
大減速させてハイトルクを得てる。
zP1330205.jpg

zP1330210.jpg

ひさびさに分解して面白かったけど、、
この部品かなり高いw


zP1330270.jpg
そして断線故障の原因はコレ
ジョンソンモーターさんが
内部で断線しており、
直接電気流しても回らず

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

厚さじゃない

最近のスーパーカーでは
標準装着がかなり増えてきた、
カーボンブレーキ。

ブレーキだから消耗品、でも
いざ部品交換となったら超高額??

でもカーボンブレーキはあまり減らない?

さすがに交換したことないし、
実際の所はどうなのかよくわからないけど、、


どうやらカーボンブレーキローターは、
  ”厚み的には”
たいして~減りにくい のだそうで。
使い方にもよると思うけど。

しかし

sDSC01032.jpg

sDSC01069.jpg
このベルハットの部分になんか書いてある。

min.th. 37.5 mm
min. weight 7214g

厚さ または
重さで交換時期!

普通のスチールローターは
消しゴムのように面で減っていく。

カーボンローターは
繊維を敷き詰めてある状態で
そのひとつひとつが取れていくそうで。
発泡スチロールの粒々が
ところどころ外れて飛んでいき
スカスカになっていくような感じ

だから、そうなるとどんどん
パッドとの接触面積が少なくなる。。




そういえば
リチウムイオンバッテリーで軽量化してる、
BMW M4 にもカーボンブレーキが
オプションであったような??
M4brake.jpg

片側3.9kg、フロント左右ローターだけで
7.8kg軽くなりますね しかも回転部品!!

そしてこの感じだとM2にも流用できそう??



テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

Li-ionで軽量化

F82 M4 さん

以前は白いM4さんで
すごい部分を発見したけど、

今回の黒いM4さんでも新たな発見

sP1180680b.jpg


これ~
通常の位置に、通常のサイズ感で
通常の見た目で 搭載されているけど、、

リチウムイオンバッテリー。 
sP1180677.jpg


普通の4シリーズだったら何が付いてる?
リチウムイオン搭載の他の車は??

と調べてみると!

sbatt.jpg

普通の4シリーズ搭載のAGMバッテリーで
ウェイトが 26.3kg
そしてこのリチウムイオンバッテリー、
なんと 13.6kg !! メチャ軽い

しかも搭載車種は現行M3とM4のみ、
他にはBMWモータースポーツ用
ようは元々レース車両用の部品ですね

M2は?軽量な車体には余計効くのに?
と確認したら普通のAGMバッテリーでしたw

一気にそれも簡単に、
13kgも軽量化できる夢の部品。
すごく使ってみたいけど、、
唯一の問題は価格だろうな~ 
軽く10万超え? もっと?



ちなみに、エンジン掛かってない状態で
13Vオーバーでした。 
sP1180673.jpg
  

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

検索
リンク
QRコード
QR