fc2ブログ

破壊されたソケット


工具は好きだし、
自分の工具にはこだわりを持っています。


これは
17mmのホイールボルト専用として用意し、
ずっと大事に使ってきた

エクストラディープのソケット。

zbDSC05953.jpg

一度もインパクトでは使用せず、
締め付け時には当然トルクレンチを使用と

正しい使いかたをしてきたんだけど、、

とんでもない過大トルクで締め付けられていた
ホイールボルトを緩めていたら 割れた。。

zbDSC05940.jpg

zbDSC05943.jpg



力をかけるとこんな感じ。
zbDSC05945.jpg

zbDSC05948.jpg

ホイールボルトの締めすぎで、
ホイールが割れる・ネジ山が壊れる
なんてことは、よっぽどのことがない限り
なかなか起こらないと思う。

でもいざという時、
普通に緩めることができなくなって 
困る ことは、簡単に想像できる。


僕は愛用の工具が壊されて困っているけど。。

http://www.tzart.co.jp/check_189.html





スポンサーサイト



テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

鉄板で焼きそば

ある古い建造物のココが壊れている。

天井が壊れた、んじゃなくて
正確には
雨漏りで天井が腐り落ちた 感じ。。



ちなみにこの汚い木枠もパカパカ動く。。
zDSC01636.jpg

zDSC01635.jpg

雨漏り自体を止めるには、外側からの工事が必要

今回は、、雨に当たらず歩けるよう
雨よけ を作る




ようは
車でいうなら防水のルーフライニングを
設置して、人に雨が当たらなければOK。

なので板材、、

まずは素材選びから。


なかなかいい雰囲気のがあるじゃない!
zDSC01652.jpg


さっそくカット

zDSC01640.jpg
これで作った焼きそばはあまり食べたくない。




ふちを曲げて適当にネジ止め
zDSC01643.jpg
同時に木枠も固定された。

zDSC01646.jpg

zDSC01641.jpg


この素材チョイス理由は、、
見た目の廃墟的な質感はもちろん

FRP板、CFRP板と違う
この薄い鉄板独特のサウンド。



昔の国産車などで
ルーフに雨が当たるあの音、
再現できるかな??w

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

洗車モード機能

洗車をする時、
車高が低くなってるクルマだと、、

ルーフの中央まで手が届きやすくなるので
洗いやすい。

大きめのクルマほど車高による影響は大。
まぁメチャ背が高い人には関係ないかもだけど。





で、純正エアサスのクルマの場合、、
車種によっては 「車高を上げるボタン」
が付いてたりするけど、、、



「洗車ボタン」 ってのがあって、
押すとエアが全抜きされ、洗車モードになり

走行はできないよう制御されるが、
洗車が大変しやすくなる。

なんてのがあれば便利と思うんだけど
どうですかメーカーさん??



zDSC00234b.jpg

zDSC00235.jpg

zP1100229b.jpg

ss-DSC06610b.jpg

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

電スロ

フライバイワイヤー、電子制御スロットル。

アクセルペダルの踏み量をセンサーで読み取り、
エンジンコンピューターを介して電気でモーターを回し、
スロットルを開閉するシステム。

もちろんいろいろなメリットがあるから
採用されているんだけど

改造車~ となってくると
その制御がやっかいになることもたまに。


R53ミニさん。
エンジンは内部以外、結構手を入れてある車両。
吸排気はもちろんプーリーやECUも。

加速時に、たまに気持ち悪い感じになる。
体感でも分かるし、
後付けしてあるブースト計の針が安定しない

そんなスーパーチャージャー付きエンジン。

zP1370049.jpg

青線が、スロットルバルブの開度
赤線は、スーパーチャージャー手前の圧力

zP1360947.jpg

とりあえず青線のスロットル開度だけに注目。

zP1360964.jpg

zP1360966.jpg

青線が台形になっている部分は、
アクセルを踏んで加速しているとき。

この台形の部分、
アクセルはほぼ一定に踏んで加速している。

なのに、
電子制御スロットルの開度は一定ではなく上下。 
コレが原因で気持ち悪い加速に。

この症状、アクセル踏み量・回転域などの
条件が重なった時に出る。
でも出ないときもある。

ペダルセンサーやスロコン、そしてスロットル本体
を疑って点検してみるも、すべて正常。

結果、原因としては各部の部品に
手を加えてあるためノーマル状態とくらべ
圧力の変化具合が変わり、
それにECUが敏感に反応してしまい
スロットルを操作していた感じ。

なので吸気圧力の余計な変化を
抑える方向でさらに手を加えると、、
妙な症状はおさまった。



テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

メガネの上から



眼鏡を下にずらして、上から見てる人

ではなく。。


zDSC07673b.jpg


とちらかというと

サングラス焼け が近いかな?

 

zDSC07680.jpg

zDSC07695.jpg

樹脂レンズの劣化、原因が何なのか

このサングラス焼けが物語る、、
太陽光による紫外線劣化 の証拠




ちなみに 
スーパーカーのレンズは劣化しない??

劣化しない のではなく、
ガレージ保管が多く、乗る回数も少ない
イコールあまり太陽光を浴びない
だから劣化してる個体がかなり少ない。


zP1120878.jpg

zP1120885.jpg





このニッサンは、2~3年前に
ヘッドライトを左右とも磨いた。

で現在、劣化具合に
結構な左右差があるんだけど、、
コレ実は劣化具合をテストのために

zP1040829b.jpg

こちらは研磨後にフィルムを貼った方。
zP1040833.jpg

こちらは研磨してそのままの方。
zP1040835.jpg


耐久度の良い順は多分こんな感じ。。

1位 新品ヘッドライトに交換
2位 研磨後にフィルムを貼る
3位 研磨後にクリア塗装する








テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ベルト駆動

W205 Cクラスさん

このクルマのパワーステアリング、
実はベルト駆動だった!

zP1380015.jpg

従来の油圧式はファンベルトで
パワステポンプを回してたけど、


コレは電動パワステなので
電気モーターでアシストする。。

最近はほとんど電動式なんじゃないかな?



zP1380096.jpg

この部分が電動ユニット。
黒い部分に基板等が入り、
アルミの部分がモーター本体。

zP1380097.jpg


外すと、、

zP1380100.jpg

zP1380103.jpg

zP1380104.jpg

なんとベルト駆動だった!
しかもメチャ細かい。

静かさの追求 と 軸間距離などの都合 

の関係でギアじゃなくベルトに
なったんかな、、

しかし、もっと大きくて丈夫そうな、
エンジンのタイミングベルト なんかも
定期交換部品だったのに

この薄く小さいベルトさん
切れなきゃいいけどね~

分解1 分解2 分解3




テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ドアロック

アウディさん、4ドア車の
リアドアから外したドアロック。

コレばらしてみたら、、
なんと複雑なこと
もっとシンプルにできんもん?

zP1340278.jpg

zP1340279.jpg

zP1340282.jpg


マイクロスイッチが3つ見える。

zP1340284.jpg


モーターが3つ入ってる。。

zP1340286.jpg
 

動作を理解するのが大変な、
複雑なレバーさんたち

zP1340291.jpg

zP1340292.jpg


マイクロスイッチもう1個発見、
合計4個も入ってるよ。。

zP1340295.jpg

複雑なシステムでより便利に
機能するのかもしれないけど

壊れる可能性は
複雑になればなるほど増える


やはり 
シンプル構造・シンプル機能
が好きだな

分解1 分解2 分解3


テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

R50 CVT

R50 NAミニさんのミッション。

CVTなミッション分解は初めて!

無段変速 ってやつです

zP1310041.jpg

zP1310046.jpg

zP1310047.jpg

zP1310050.jpg

デファレンシャルさん
zP1310059.jpg

湿式多板クラッチさん
zP1310061.jpg

オイルポンプさん
zP1310080.jpg

バルブボディさん
zP1310086.jpg

出た、変速機構!
zP1310091.jpg

このシフトフォークみたいなので、
プーリーをスライドさせる
zP1310094.jpg



そしてついに
CVTミッションの心臓部!
zP1310065.jpg

zP1310068.jpg




金属ベルト&プーリーさん。
コレの実物初めて見た~!

zP1310266.jpg





たまたま横に、スクーターのエンジン
zP1310279.jpg

zP1310284.jpg

ベルト&プーリー、
基本的には同じような仕組み。

分解1 分解2 分解3




テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

とろけるキャタ

触媒に問題のあったメルセデスさん。
触媒損傷?

カットしてみた。

このキャタさんは、
中央部分に空間があり、
そこにセンサーが刺さってる。
センサー部屋?



そんな中央空間部分で輪切り。

zDSC02280.jpg
FF横置きターボ、
前方排気用レイアウト。

zDSC02282.jpg










  
 
 


zDSC02287.jpg

zDSC02292.jpg

zDSC02293.jpg
おーまいがー...



これがミスファイアによる、、
未燃焼ガスが流れ込んで
キャタ損傷ってやつ?

その時、エンジンで、キャタで
何が起こっていたのか??
当時の状況は不明。。



ちなみに
キャタ損傷 って画像検索すると
キャタピラーの写真ばかり出てくる(笑

分解1 分解2 分解3


テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

減速機構

最近どんどん増えている、
電動サイドブレーキ。

おおまかに2種類、
ディスクインドラムなタイプ

キャリパー一体なタイプ。

ドラムなほうは、
従来のワイヤー引きを
サイドレバーの代わりに
アクチュエータを取り付け
電動化したシステム、

キャリパー一体は
専用のリアキャリパーに、
左右それぞれモーターが付いてる。
こちらの方がシンプルなので、
最近多いイメージだけど、、
社外ブレーキシステムに変更したい
ってときに困るやつです。


で今回は BMW F10 5シリーズさん

キャリパー一体タイプの
電動サイドブレーキが壊れた。。

原因は~内部での断線。

今回は運悪く、サイドブレーキが
片側、 ”効いたまま” 壊れたので
そのまま走行できない状態

zP1330186.jpg

zP1330188.jpg

やはり非分解なので
接着樹脂ケースを破壊して分解。
zP1330190.jpg

お~ ベルトドライブなんだ
zP1330193.jpg
しかし 小さなモーターで
サイドブレーキを十分効かせるには
かなりのトルクが必要。。

ベルトで大丈夫なのか?
これでトルクかけれるの?
とか思いながらバラしていくと


ベルトのドリブンプーリーを外したら、
奥に小さいギアさんたちが
zP1330197.jpg

さらにそのギアボックスをばらすと、
こんなにたくさんギアが出てきた
zP1330199.jpg

ATミッションの中などにも使われてる、
プラネタリーギアが2組!

モーター回転をベルトで減速し、
次に
3ギアのプラネタリーギアで減速、
最後に
4ギアのプラネタリーギアで減速。

コンパクトに3段階で
大減速させてハイトルクを得てる。
zP1330205.jpg

zP1330210.jpg

ひさびさに分解して面白かったけど、、
この部品かなり高いw


zP1330270.jpg
そして断線故障の原因はコレ
ジョンソンモーターさんが
内部で断線しており、
直接電気流しても回らず

分解1 分解2 分解3

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

検索
リンク
QRコード
QR