インタンクポンプ

メルセデスの燃料ポンプ不良、多いですね~

最近は特にW211のEクラスが多い気がします。
当然ですが燃料ポンプ動かなくなっちゃうと、
エンジン止まっちゃって その後もエンジン掛かりません。

距離関係なしに発生、どこで起こるかもわかりません~

こうなってくると、、
1度も交換していないクルマは、
止まっちゃう前に予防で交換しておくのもアリだと思います!


これで1セット。
“インタンク”なので、まるごとガソリンに浸かっています
ss-P1230365.jpg
直接モーターに電気流してみますが、回らない。
衝撃を与えてやると、ちょびっとだけ回ろうとしてくれますが
ss-P1230363.jpg

これが中身のモーター。
ss-P1230366.jpg
バラしてみると、、
こうなっていたのか!てな感じです
ss-P1230376.jpg

たくさんの細かいベーンでガソリンを送るんですね~
アルミ製の部品は、ガソリンの通路が掘ってあります
ss-P1230380.jpg

で 動かなくなった原因はこれでしょう。
ブラシとコミュテータが荒れ、コミュは部分的に黒く焦げてる。
ss-P1230388.jpg
しかしこのタイプのブラシ・コミュは初めて見た気がします。
普通は、、シャフトと直角方向からブラシが接触しますよね。

スポンサーサイト

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメント

非公開コメント

検索
リンク
QRコード
QR