W124&E46 冷却

みごとに劣化&汚れで変色しちゃったラジエターサブタンク。
W124のEクラスではよく見る光景ですね~ 

しかし、新品はさすがに気持ちいい!
これだけ違いがあると、
予防整備として交換する場合でも満足度高いですね
s-P1270130.jpg
s-P1270132b.jpg

う~んメロンソーダ。
s-P1270136.jpg



こちらはE46の3シリーズ。
このクルマのタンクは、、透明ではなくて元々
まっ黒 なんです。
劣化などによる変色・内部の汚れは見た目には分かりません。
なので~かなりボロくなってきていても判断しづらいんですよね。。

プッシュー って冷却水が漏れています!
s-P1250466b.jpg

このタンクはよく割れます
s-P1250498.jpg
サーモスタットもバラバラ~(><
s-P1250496.jpg


普通、夏の間はヒーターを使わないので
ヒーターバルブが閉じたまま過ごしますよね、、
その期間って、
ヒーターバルブから室内のヒーターコア(ラジエターみたいなもの)
のあたりの冷却水は循環せず止まったまんま。
ちょっと違うけど、
流れのある川よりも止まってる池のほうが水が悪くなるもんです

特に鉄ブロックなどの錆が出やすいエンジン、
またヒーターバルブなんかが弱いクルマとかは
春~秋のヒーター不要な期間でも
たま~にヒーターONにして冷却水を循環させてあげると
チョットいいかも と僕は思います


スポンサーサイト

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

コメント

非公開コメント

検索
リンク
QRコード
QR