FC2ブログ

オルタ2

こちらはE65 7シリーズさん。

sP1200636.jpg

ラベルからすると、、
2回目の交換なのかな?
sP1200637.jpg

sP1200640.jpg

sP1200642.jpg

sP1200644.jpg

おっと!

手前側のブラシ&コミュが
激しく異常摩耗してる
(奥側のは正常な感じ。)

これでは発電できません

sP1200647.jpg

sP1200648.jpg

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

オルタ1

F10 5シリーズのオルタネーター。

全く発電しない、わけではなくて
調子悪い~感じでした
sP1200604.jpg

sP1200615.jpg

sP1200616.jpg

sP1200622.jpg

sP1200626.jpg

このブラシホルダーの部分、
2重構造になっていて
外側のほうは 放熱フィンも含めて
そのプレート自体が全て
プラス端子になってる

sP1200630.jpg

sP1200634.jpg

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

チョコミント

VW ゴルフ6 さん

エンジンルームに気になるものを発見。。

sP1220152.jpg


sP1220153.jpg

バッテリーのプラス端子に

チョコミント!

これは絶対食べたくない。。。 

sP1220154.jpg

緑青(ろくしょう) という名前で、
銅製の バッテリー端子やケーブル
から発生する 錆び なのだそうで、、
食べられません



テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

JCWステッカー

F56 ミニさん

他車種用なんですが、
JCWステッカーを貼って~ とのことで

クルマに合うよう加工して貼り付け。

sP1210972.jpg
 
sP1210979.jpg

sP1210981.jpg

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

DCTF交換

E92 335 さん

ミッションオイル交換~
今回はNUTECのNC65を使用。

sP1200505b.jpg


トルコン式の、”オートマ”の場合は
オイルパン内にストレーナ ーがあるのみだけど、

デュアルクラッチの ”DCT” なこのミッションは
それに加えプレッシャーフィルターが付いてる。
見た目はエンジンオイルエレメントに似てる感じ

sP1200508.jpg
横からささってるフィルター、
このクルマは排気が右側だけなので簡単w

sP1200510.jpg

sP1200511.jpg
変速フィーリング良くなるといいですね~

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

R52 NAミニ

R52 ミニ さん、、

水漏れ点検していたら。

sP1210419.jpg


ウォーターポンプの
プーリーが割れてる!

sP1210420.jpg

sP1210422.jpg
クランクプーリーは
ゴムがちぎれて飛び出してる~

ウオポン交換には、この前まわり全部を
ずらしてスペース確保が必要。。
sP1210424.jpg



なぜこうなる?樹脂製なので
経年劣化は必ず起きるけど、、
しかしプーリー単体交換は不可
sP1210444.jpg

sP1210452.jpg
クランクプーリーは見た目同じ、
そしてウオポンプーリーは
金属製に材質変更されてる。

新品プーリー&ベルト、気持ち良いですね

またクランクプーリーに関しては
社外軽量タイプ という選択肢もあります




テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

超軽量 BBS

F82 M4 さんに装着する

BBSホイール。

ひさびさに ビックリな軽さ でした!

sDSC08914.jpg

sDSC08924.jpg

sDSC08916.jpg

めちゃめちゃ肉抜きしてあって
見た目いかにも軽そうなんですが、

実際持ってみたらそれ以上に驚きw

sDSC08944.jpg

sDSC08926.jpg
空気圧モニタリングシステムも
同時装着したので安心~



テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

クラック

ミニ・PSA系車両の一部のエンジンは
ウォーターポンプの駆動方法が独特。

普通、
ベルトで直接プーリーを回すのですが

このエンジンは

ベルト背面に金属ローラーを当て、回転させる。
同時にローラーをプーリーに押し付けて
回転力を伝えるというもの。。

ミニの場合、狭くて見えにくいんですが
コレは同様のシステムなBMW縦置きエンジン。
sP1210120.jpg

メリットは 金属ローラーを離すことによって
ポンプを完全に止め、暖気を早くできること



なのでプーリー側にはゴムコーティングが。

sP1160334.jpg

ゴムなので当然、経年劣化してきます
剥がれ落ちなければ回転はできるけど、
ヒビ割れによる異音が。。

劣化タイヤのロードノイズみたいな。

sP1160338.jpg


テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

腐食ダメージ

最近TOYOTA車で続いたのが、

キーレスリモコン電池の液漏れ
で、、漏れた液で 基盤が腐食

sP1200892.jpg
この基板は修理できましたが、
以前修理したやつは手遅れでした。。

電池 が入っててあまり使わないものは
たまに電池を交換してやる
または
電池を抜いておく べきですね 




逆に、入ってないとダメなのは、、燃料

あまり乗らないクルマの場合、
できるだけ燃料満タンにしておく!

s-P1290151.jpg


少ない燃料のまま長時間たつと~

タンク自体が鉄製で錆びる
っていうケースよりも、、

タンク内の部品に不具合が。

写真のクルマの場合は
フロートア-ムに明らかな錆び、
そしてレベルセンサー接点部に
接触不良が起きて燃料計動かず。



テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

VW水漏れ

ワーゲンポロさん

分かりにく~い所から
水が漏れている。。

sP1190866.jpg

インマニ外してやっと直接見える。

sP1190868.jpg

隠れて付いてるココからの漏れ。
ブローバイガスを温める、、部品。

ブローバイガスが冷えすぎると
ガス中の水分が氷結してしまう
ことがあるそうで、それを防ぐと。

BMWなんかでは
電熱ヒーター式もあるみたい。
sP1190870.jpg

こんな部品、元々付いてなければ
漏れることもないんだけど、、
いろいろな状況に対応するため
様々な補器類が
登場したり消えて行ったり。。

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

検索
リンク
QRコード
QR